利用する前の確認

微笑む

昨年、とうとう夢のマイホームを購入することができました。これに至るまでは、2年という月日が必要でした。初めは、簡単な気持ちで考えておりましたがいい物件になればなるほど、金額が高く自分に見合った物件を探す事が困難でした。というよりも夢や希望が先行してしまい、自分の身の丈を考えれなかったのです。また、当時は貯金も多くありませんでしたし、親からの援助もなかったため、頭金の用意ができず、年収も300万円代でしたので不動産ローンがそこまで下りないということに気づきました。また、不動産ローンの審査について、不動産会社の方からのレクチャーのもと何をしないといけないかが明確になったおかげで、現在では家を買うことができました。

購入する際に使用した不動産ローンの申請時は、年収は400万円代になっておりました。年収が100万円弱あがったことにより、不動産ローンの申請がずいぶん変わりました。また、頭金です。頭金があればあるほど、申請は通りやすく金利優遇も受けられると聞いておりましたので、いい物件(自分たちの身の丈にあった物件)がでるまでは、ひたすら貯金をするために節約を行いました。また、親にも相談し援助をお願いしました。もちろん、現在では、親に先に返済をしております。そもそも、なぜ無理にでもマイホームを考えたのかですが、それまでは賃貸で生活してました。行っても月9万円くらいはする物件でしたので、それを払い続けても将来何も残らないと思い、自分の資産に変えたいと考えたからです。