離婚しても支払う

微笑む

多くの人が住宅ローンを利用して住宅を購入していますが、離婚することになった場合、財産分与をどうするかきちんと話し合うことが重要になります。 夫名義や夫婦共同での名義で住宅ローンを組んでいて、離婚後は妻子が住宅に住み続ける場合、最初はきちんと住宅ローンを払っていた夫が知らないうちに滞納していたというケースはよくある話です。 住宅ローンの滞納が続くと住宅が競売にかけられることになり、強制的に自宅を手放さなければいけないことになります。また、競売が決定すると情報を開示されてしまうため他の人にも知られてしまう可能性もありますし、一般的な市場価格よりもかなり安い価格で売られてしまうため、競売後も多額のローンが残る可能性も高くなります。

もしもある日突然、競売申立書が自宅に届いた場合でも残りのローン残高を一括で支払うことが出来れば競売にかけられることはありません。たとえ一括返済が無理でも、任意売却をすれば競売よりは高い価格で売却することが可能になります。任意売却をする際は債権者の同意も必要になりますが、多くの場合は同意をしてくれます。任意売却の場合ですと、通常の不動産売買と変わらない取引きとなるので、引っ越しまでの準備期間もありますし、心の整理などもできるようになります。 このように離婚をすると様々な問題があとから起きる可能性もあるので、特に財産分与等の問題は離婚前に専門家などに相談して、リスクを回避する最善の方法を考えることが大事になります。